業界シリーズ第五弾 ~建築 店舗/空間デザイン~

業界・ソフト紹介

五回目は建築業界の「店舗デザイン/空間デザイン」についてお話します!

店舗/空間デザインの仕事とは?

店舗デザイン

服飾雑貨販売店、飲食店、美容院等ジャンルを問わず店舗の内装や什器の配置等を考え、お店をデザインします。店舗のコンセプトを正しく理解しお客様の導線を考え、誰もが使いやすくセンスの良いデザインが求められる仕事です。売り上げを意識したデザインはもちろんの事、現代であればSNSで発信したいと思わせるような写真映えするデザインを考える必要もあります。

空間デザイン

美術館、学校、商業施設等ジャンルを問わず間をデザインします。店舗のデザインをする場合もあるため、店舗デザインよりも広い範囲をデザインするイメージの内容になります。具体的には、内装、什器の配置、オブジェの配置、演出等、空間に関わる全てをデザインする仕事になります。

オフィスビルや商業ビルのエントランス空間をデザインすることもあります。

店舗デザイン/空間デザインの流れ

建築業界(住宅)の工程とほとんど同じ流れで作業が進みます。

一から施設や路面店舗を作る場合、店舗/空間デザイナーが携わるのは、ほぼ全ての工程となり、工事中も現場に行き、デザイン通りに作業が進んでいるか確認を行います。

①ヒアリング

クライアントから納期やどのような店舗にしたいか等、希望のヒアリングを行います。

②現地調査

建物・店舗の立地条件(場所の利便性、客層、地域の特性、環境等)、敷地の広さや形、配管の位置等の調査を行い、店舗出店が可能か判断できる情報を集めます。

③プランニング

クライアントからの要望と調査結果を踏まえ、デザインプランを作成します。

④基本設設計/デザイン

プランをもとに、クライアントの要望やイメージを再現できるように店舗のパースを作ります。建物の平面図、立面図、断面図等の図面を作成し、概略の設計を行います。


④ 実施(詳細)設計

基本設計の内容に基づき、建物のより詳細な意匠設計、構造設計、設備設計を行います。
並行して、建築確認申請業務も進めていきます。また、集客を意識した店舗の内装・外装デザインも行います。


1.意匠設計では、建物全体のデザイン、間取りの設計行い、平面図、立面図、断面図等を作成します。
2.構造設計では、建物内の構造に関する設計を行い、伏せ図、軸組図、詳細図等を作成します。
3.設備設計では、建物内の設備に関する設計を行い、配線図、空調換気設備図、給排水衛生設備図等を作成します。

⑤工事~完成

設計内容をもとに工事を実施し完成となります。

店舗デザイン/空間デザインで活かせる資格

店舗デザイン/空間デザインの仕事をするために必須の資格はありませんが、下記資格の知識があると活かすことができます。

色彩検定
 色の知識や活かし方を問う資格で、UC級(色のユニバーサルデザイン)、1級、2級、3級に分かれています。色の三属性等の基礎内容~カラーマーケティング等の幅広いの内容を学ぶことができます。こちらは「公的資格」です。

カラーコーディネーター検定
 1級、2級、3級に分かれており、色についての基礎知識、ビジネス的な面から色について学ぶことができる資格です。こちらは「民間資格」です。

色彩検定とカラーコーディネーター検定は両方とも「色」に関係する資格ですが、一般的に色彩検定はファッション分野に強いと言われており、カラーコーディネーター検定はプロダクト分野に強いと言われています。

建築士資格
 1級、2級、木造に分かれています。簡単にご説明すると1級では、工法を問わず百貨店、病院、商業施設など大型の建物の設計をすることができます。2級では、工法を問わず小規模な施設や戸建て住宅の設計をすることができます。木造では、木造建築物のみ設計することができます。級により担当可能な建物の大きさ、工法が異なります。こちらは「国家資格」です。

商業施設士資格
 「商業施設士」や「マイスター商業施設士」、「シニア商業施設士」に分かれています。様々な商業施設のデザイン、空間の構成などについて学ぶことができる資格です。こちらは「民間資格」となります。

活躍の場

 デザイン・設計事務所、建築会社、リフォーム会社、工務店、フリーランスで活躍されている方が多くいらっしゃいます。

他にも、様々な業種でインハウスの店舗/空間デザイナーとしてお仕事をする場合もあります!

最後に

店舗デザイン/空間デザインのお仕事の幅は広く様々な場所での活躍が期待されます。

また、センスが求められるお仕事の為、日々新しいものに触れアンテナを立てて過ごすことが重要になります。

建築士という面だけではなく、デザイナーとしての要素がより強いお仕事です。

内容についてご不明点がございましたら、お問い合わせください!

トップページ - 専門職の人材紹介・人材派遣のディプロスdipross
[
タイトルとURLをコピーしました