面接時の回答例 ~第八弾『成功体験』前編~

転職

こんにちは、ディプロスです!

面接時の質問の答え方についてお話していきます。
よくある質問を中心にシリーズでお送りしています。

今回は、第8弾「仕事上での一番の成功体験について」です。

直接、「成功体験」について教えてください、
と質問されるとは限りません。

「成功体験」を含む内容である質問は、
面接時に必ずあります。

企業側の質問の意図は何でしょうか。

前編で取り上げる内容

 前編 – 企業側の質問
  後編 – 求職者側の回答

質問の意図

【ここが知りたい】
プロセスで具体的にどのような力を発揮したか、創意工夫したか
その結果、どういった成果に結びついたか。

経験を通して身に着けたスキルやノウハウを
今後は自社で、どのように活かすことができるか。

【質問パターン例】
この質問をするときは、
採用職種でのポジションに具体的にあてはめながら
話を聞くことも多いでしょう。

応募者側からも大きな自己PRポイントの一つです。

【ここが知りたい】
仕事に対するスタイルや取り組み方
何にやりがいを感じるか。
  
定義は人それぞれ
仮に、同じ体験でも成功と捉えるか成功には不十分と考えるか
何を成功とするのか

どの程度、成功したと考えているのか。
どのように結果に結び付けたのか。

【ここが知りたい】
今まで明確な目標に向け努力してきたか否か
目標に対して前向きな姿勢は「即戦力」と判断されやすい

上記、3つの企業の「知りたい」共通点は

プロセス  成果 + 今後

です。

今まで、業務を通じて、どのような経験をしたのか。
経験の中から、どのような成果を上げたのか。
そこには、数値目標など明確な目標があったのか。

そして、そういった経験を今後、
自社でどのように活かせると考えているのか。
こういったことを知りたいと考えています。

ですので、
回答次第では、応募者側から自己PR
チャンス
にもなりえます。

成功例と同時に失敗例を聞かれることもあります。
併せて準備しておくとよいでしょう。

企業の質問例

下記のような質問も「成功体験」を聞かれている可能性があります。
回答後の追い質問で聞かれることもあるので準備しましょう。

「実績を教えてください」
「仕事で評価された経験について」
「業務の中で成長した経験」
「達成感を感じた場面について」
「最も工夫が必要な場面」

まとめ

成功体験について質問された場合の回答の目的と
企業の質問例について確認しました。

目的は、働きぶりや仕事の進め方、周囲への影響力など
入社後にあなたが企業で働く姿をイメージしてもらうこと。

ですので、話す内容は業務上での実績や客観的に評価されたことです。
個人でもチームで取り組んだことでも構いません。

続く、後半では、組立て方と回答例についてお話します。

派遣のお仕事をお探しの方 | 専門職の人材紹介・人材派遣のディプロスdipross
名古屋・愛知・岐阜・三重エリアでの人材紹介・人材派遣。人材派遣、紹介予定派遣、職業紹介など ディプロス株式会社 名古屋市 スタッフ登録、求人検索でお仕事探しができます。
正社員のお仕事をお探しの方 | 専門職の人材紹介・人材派遣のディプロスdipross
名古屋・愛知・岐阜・三重エリアでの人材紹介・人材派遣。人材派遣、紹介予定派遣、職業紹介など ディプロス株式会社 名古屋市 スタッフ登録、求人検索でお仕事探しができます。
タイトルとURLをコピーしました